Switchのカートリッジを吸い出してみた。 | オタクのネタ帳

改造/Hack関連

Switchのカートリッジを吸い出してみた。

ReSwitchedチームのDiscordより流出したとされる、Switchのカートリッジ吸出しツール「XCI Dumper」が公開されています。

先日公開されたXecutor OSの専売特許とされていたカートリッジの吸出しですが、ついにHomebrewで実現可能になりました。

今回は、このXCI Dumperを使って手持ちのぷよぷよテトリスを吸い出してみようと思います。

準備するもの(というより試した環境)
  1. Switch本体 ver3.0.0
  2. microSD 32GB(Sandisk)
  3. RCMモードに入るための道具
  4. XCI Dumper
  5. Switch Blade

※あらかじめHBLを起動できるように準備しておいてください。

ちなみにSwitch Bladeは、RCMモードに入ると同時に直接CFWで再起動してくれる便利なシロモノです。

起動させてみた

まずはRCMモードに入るところから。

と思って悠長に構えていたら…いきなりこんな画面が出てきた。

すぐに上記のような画面が出た後、また真っ暗に。そしてそのあとは何もなかったかのように起動した。

その間わずか2秒ほど。これでCFWに入れるなら便利なものだ。

SDに必要なファイルをぶちこんでRCMモードで起動後、TegraSmashGuiを叩くだけ。楽である。

そしてホームメニューにあるアルバムを押すと、毎度おなじみHBLが起動します。

こんな感じ。アプリ名はWAINCartDumperNX。

わいんってなんだ…。って思ったらまもすけ氏が説明してくれてたので引用します。

“WAIN”というのはWithout An Interesting Nameの略で、スキャナを制御して画像を取り込む規格としてTWAINというものがありますが、あのTWAINのTのあとのWAINと同じです。

大人のためのゲーム講座 | Switchのカートリッジダンプ WAIN XCI Switch Cartridge Dumper

いやはや。さすがですな。

吸い出してみた

WAINCartDumperNXを起動させるとこんな画面が。

緑の文字で “Game Card is Insertedと表示されていればカートリッジが読み込まれている。

“Dump Game Cartridge (Full exfat)”を押すと、吸出しが始まります。

ちなみに一番下、赤文字で team-xecutor Suck it!”(おまえらおもしろくねえな!)と書かれています。

おもしろくないんでしょうねえ。彼らはこの機能で商売するんですから。

吸い出したRomを見てみた

冒頭にもあるように、ぷよテトを吸い出してみました。

吸出し時間は10分弱ほど。早いですねえ。

吸い出した直後は”game.xci”というファイル名で吸出しされます。

とりあえずリネームしておきました。

この吸い出したRomをXCI Explolerで見てみます。

ちゃんと見ることができました。容量も約2GB。こんなもんですね。

注意事項(カートリッジ、SDフォーマット形式、証明書etc..)

SwitchのカートリッジにはCart1とCart2が存在します。

何が違うかっていうと、簡単にいえば構造(パーティション)が初期Romと後期Romで異なるわけです。

今回使用したWAINCartDumperNXはCart1のみ吸い出すことが可能です。

ぷよテトは初期に発売されたからね。吸い出しできました。

ちなみに使用したSDカードのフォーマットはFAT32です。

2GB,4GBまでのRomであればFAT32形式のSDで吸い出すことが可能だそうです。

最後に証明書の話。

WAINCartDumperNXでは証明書の吸出しも可能です。

証明書とは何かというと、カートリッジ固有のファイルでおそらくオンラインプレイ時に使用されるものとされています。

もしこの吸い出したRomがネット上で違法にアップロードされ、不特定多数の人物がダウンロード、はたまた起動に成功した場合

任天堂が証明書の内容を用いて、違法行為を行っている本体をBANすることができます。

これは3DSの頃から行われていました。3DSの場合は証明書ではなく、Romのヘッダー部分に固有情報が書かれていました。

もちろんその固有情報は書き換えることが可能です。Swtichでもそれは同様。

書き換えたらどうなるのか。どうなるんでしょうね。

関連記事

  1. 改造/Hack関連

    【噂】新型Switch?「Nintendo Switch Pro」が2019年初頭に発売予定。

    一部の海外メディアにて、2019年初頭に新型のNintendo Swi…

  2. 改造/Hack関連

    Nintendo Switchで自動的に裏モードへ入る方法-AutoRcmMode

    ※この記事はこちらのGBATempの記事を意訳したものです。※…

  3. 改造/Hack関連

    Nintendo Switchを脱獄する新ツール?その名も “Xecuter SX &#…

    少し前の話になりますが、「Team Xecutorという海外の…

  4. 改造/Hack関連

    Splatoon2にチート対策?公式が声明発表?「Anti-Cheat Method」

    GBATempにて、任天堂がSplatoon2のチート対策をシステムと…

  5. 改造/Hack関連

    ニンテンドー64 ミニが発売予定?リーク画像が出回る。

    Switchのタグだけど、ちょっとおもしろいニュースがあったので。(も…

  6. 改造/Hack関連

    Switch用マジコン「SX Pro」が届いたので使ってみる

    先日、海外のSX Pro販売代理店より購入したSwitch用マジコン「…

コメント

    • ああああ
    • 2019年 1月 08日

    homebrewを導入できる対策前の古い型のスイッチ本体を確実に購入する方法って無いのでしょうか?

      • もなオタ
      • 2019年 1月 08日

      漏れがレアFWな本体を集めるときは、
      ・Amazonに出店してるショップにひたすらFWをメールで聞いて回る
      ・メルカリで新品未開封の本体を、未対策FWのリリース日と照らし合わせながら探す
      というようなことをしてました。こうして探してみると結構あります。
      Switchに関してはFW6.2.0でHBLが起動できる段階に来ているので、そんなに神経質になる必要もないかと思いますが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセスカウンター

  • 74253総閲覧数:
  • 109今日の閲覧数:
  • 440昨日の閲覧数:
  • 3285先週の閲覧数:

Twitterもやってます!

最近の記事

  1. マンション・アパートでも大丈夫!回線をIPv6に変えよう!!…
  2. 超便利!?Switch用のUSB増設ハブを買ってみた
  3. 【新年のご挨拶】あけましておめでとうございます。
  4. ニンテンドー64 ミニが発売予定?リーク画像が出回る。
  5. SX OSのライセンスのみを海外のショップで買ってみた結果

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP