20代前半。腎生検を受けた。その全容とは。 | オタクのネタ帳

ライフスタイル

20代前半。腎生検を受けた。その全容とは。

腎生検を受けてきました。

思い返せば、中学生のころから尿検査の結果は、ずーーっと「潜血+3」。

潜血+3」って言うと、

( ゚Д゚)「お前のションベン真っ赤っかじゃねえのか?w

( ゚Д゚)「藻前死ぬのかw じゃあのw

( ゚Д゚)「レベルMAXじゃんw

と、散々ネタにされた当時。(自分でもネタにしてた)

幸い、蛋白が出てなかったので様子見で良いでしょう。と言われ続けて約10年。

ついに医師からこんな言葉が。

「腎生検、受けてみますか?」

20代男性(オタク)の視点から、その全容を包み隠さず残していきます。

腎生検とは?その目的は?

蛋白尿、血尿、腎機能低下等の腎臓病を患っている患者さんにとってはっきりと診断をつけ最もふさわしい治療法を決定するために、腎臓の組織の一部をとり、顕微鏡で評価する検査がとても大切です。腎生検とは、「腎臓から組織をとる手技・操作」のことをいいます。

引用元:https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/zinzo/patient/kidneybiopsy.html

はっきりと診断をつけ最もふさわしい治療法を決定するため

これが腎生検の目的だと、漏れも主治医から言われました。

漏れの家系では、

母方の祖父が「iga腎症」(透析中)で、

母も「iga腎症」であったこともあって、

おそらく自分の潜血+3も、遺伝性のiga腎症によるものだろうと言われていましたが

腎生検の結果、まったく違う疾患だったことが判明しました。

腎臓の病気って一言で言っても、めちゃくちゃ種類があるらしいです。

実際に受けて、結果が出るまでわからんもんです。

 

実際に受けてみた。

腎生検は”生検”です。生をそのまま採ります。

どうやってとるかって?腎臓に針を刺すんですよ針。

  1. 部屋に入ります。ベッドがあるのでうつぶせになります。
  2. 腰にゼリーを塗った後、機械を腰の方に当てて、腎臓を超音波で探します。
  3. おおよその腎臓の場所が分かったら、体にマジックで目印をつけられます。
  4. 局所麻酔の注射を打つために消毒を行い、その目印部分に麻酔注射を行います。
  5. 麻酔が効いていることを確認後、深呼吸を促されます。大きく息を吸ったところで息を止めます。
  6. 腎臓に針が入ります。痛くはないですが、針で奥をグニュグニュされている感覚はわかります。
  7. 「ガシャン!」という大きな音と共に、腎臓の組織を採取します。別に痛くはないです。

No.5~No.7を2~3回ほど繰り返したら、腎生検終了です。所要時間は30分ほどでした。

 

腎生検終了。その後…。

終わった直後はホッとした気分でしたが、

腎生検の本当にツライところは、この術後にあります。

腎生検の後は”絶対安静“です。

3時間~5時間ほど、ベッドから降りることも許されません。寝返りを打つことも許されません。点滴も行います。

また、腎生検後は止血のために氷まくらのようなものを、グルグルと巻いて、圧迫止血を行います。

この圧迫も結構キツイです。純粋に圧迫が痛いです。

そしてさらに。

トイレにも行けないので、万が一尿意や便意を催した場合はベッドの上で行うことになります。

要望があれば、カテーテルを通して尿を出すようにすることもできます。

もちろん事前にトイレに関する説明はあるので、術前に済ませておくことはできます。

が、

トイレに行きたくない(ベッドの上でしたくない)思いとは裏腹に、

腎生検後、看護師さんはひたすら水分の摂取を促し、一度尿を出すように促します。

出血が続いていた場合は、明らかに血尿とわかるくらい赤い尿が出るそうなので、それの確認を行うためだそうです。

自分はカテーテルを通すことを拒否したので(こっちの方が痛そう)

しばらくの間ボトラーになってました。

姿勢の問題で、自分のおちんちんを支えることができないので

かわいい看護師さんにおちんちんを支えてもらいました。初体験でした。

そして晩御飯。

かわいい看護師さんにあーんしてもらいたい人生だった。

期待していただけあって精神的ショックは大きい。ご飯の味も覚えてない。

こんな姿勢でヨーグルト食えねえよおい。

そして夜。

寝れません。

圧迫と姿勢が本当にキツイ。

こういう時に限って、夜は長い。

地獄の時間の始まりでした。

話に聞けば、朝9時頃にまた診察を行い、問題なければ圧迫からは解放されるとのこと。

残り9時間….残り8時間….。

ずーーーっと仰向けで天井を見上げて、まだかまだかと時計の針を追う。

しかも痛い。体のすべてが痛い。

圧迫されて痛いのか、手術した場所が痛むのかわからないくらい痛かったです。

あまりにも不安になって、夜中の2時頃にナースコールして「痛い」と言ったら、主治医が飛んできてMRI室に搬送されました。

何もなかったんですがね。

 

退院まで

術後の翌朝。

結局ほとんど寝ることなく、気が付いたら朝9時でした。

問診や尿検査のあと、特に問題がなかったので、トイレに一人で行くことを許されます。

涙が出るほどうれしかった。トイレ最高だ。

それでもまだベッド上で安静するように言われるので、ベッドの上から基本的に動くことはできません。

でも寝返りも打てますし、圧迫もない。そしてご飯だって起き上がって食べることができる。

ニート生活の始まりだ!!!!!!!

ある意味一番楽しみにしていた時間かもしれない。

退院までは残り4日ほどあったのですが、残りの日は全部ニート生活みたいなものでした。

術後二日目からは、病棟内の移動を許可されますし、シャワーも浴びることができます。

食事の制限も特にありません。

「腰に負担がかかるような運動や、重いものを持つなどの行為はやめてくださいね。」と忠告を受けて

4日後無事退院。お世話になりました。

 

そして診断結果が…。

腎生検の結果、自分の腎臓における病名が確定します。

が、すぐにはわかりません。

漏れの場合は、一か月後に外来で結果を言われました。

腎生検を受ける前から「おそらく遺伝性のiga腎症でしょう」と言われていたので、

そうなんだろうな~と思って特に不安に思うことなく病院に行ってきました。が。

なんと結果は、まさかの「異常なし」。

異常なし?尿検査の度に、毎回「潜血+3」が出ているのに異常なし?????

自分の病名はズバリ「菲薄基底膜症候群」というものでした。

どうやら漏れの腎臓付近は、生まれつき血管の壁が薄く、その薄いところから赤血球が漏れてるらしい。

だから「潜血+3」が出続けるだとか。

これによって将来的に腎機能が低下することはないし、治療も必要ないとのこと。だから異常なし。

拍子抜けというか、なんというか、いやはや。

結構キツかったけど、受けてよかったです。

気になるお値段は…?

一週間程度の入院でした。

お値段なんと、13マンくらい。

当時新入社員だった漏れにとって、このダメージはかなり大きい。

腎生検より痛かった。

だけども、世の中には便利な制度もあるみたいで。

多分退院近くになったら、看護師さんから説明を受けると思いますが、

「高額医療費控除」

というものがあります。

簡単にいうとこれは、

高額な治療を受ける場合、自分の収入に応じて支払い限度を定めてくれるというもの。

本来ならば13マンそのまま払わないとイケナイところ、少し安くなったような気がします。

詳しい金額は覚えてないですが、腎生検を受ける方は頭の片隅の置いておくとよいかもしれません。

 

関連記事

  1. ライフスタイル

    【新年のご挨拶】あけましておめでとうございます。

    皆様、あけましておめでとうございます。サイト設立からおおよそ半…

  2. ライフスタイル

    エキストラバージンオリーブオイルの効用は?エイリアン脂肪に最適!?

    エキストラバージンオリーブオイル。初めてみたとき「なんやこれ?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセスカウンター

  • 86084総閲覧数:
  • 38今日の閲覧数:
  • 335昨日の閲覧数:
  • 1777先週の閲覧数:

Twitterもやってます!

最近の記事

  1. マンション・アパートでも大丈夫!回線をIPv6に変えよう!!…
  2. 超便利!?Switch用のUSB増設ハブを買ってみた
  3. 【新年のご挨拶】あけましておめでとうございます。
  4. ニンテンドー64 ミニが発売予定?リーク画像が出回る。
  5. SX OSのライセンスのみを海外のショップで買ってみた結果

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP